FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.06.04

招待状

先日式場との2回目打ち合わせがありました。



ちなみにスケジュール的にはこんな感じです。

今回は招待状の発注をしてきました。

前回の打ち合わせで、招待状を出す人の名簿作成と
招待状の文章を選んでくると言う宿題を出されていたので
それを提出して、発注枚数を確認して、
デザインを決める(文章を含めて)と言う作業。

まず、文章
前回、「文章も大きく4パターンがあって、
自分たちの希望だけではなく親と話し合って決めてください」
って言われました。

で、ご存知の方もいるかと思いますが簡単に説明すると、

一番オーソドックスで古典的な文章として、
親名義で、
「うちの息子・娘が結婚する事になって、
結婚式・披露宴をしますので、来てくださいね」

と言う感じのAパターン。

私たちが名義で
「私たち結婚します。結婚式・披露宴をするので
来てくださいね」

というBパターン。

私たちが名義で、
「私たち結婚します。結婚式・披露宴をするので
来てくださいね。」

「若い二人が結婚して結婚式・披露宴をするようなので
来てやってください」

文章はAとBが合わさった様な内容で、主が私たちのCパターン

親名義で、Cパターンと同じ感じで
「うちの息子・娘が結婚する事になって、
結婚式・披露宴をしますので、来てくださいね」

「私たちの結婚式・披露宴に来てください」
文章はBとAが合わさった様な内容で、主が親のDパターン

と大きく4パターンに別れてます。
プランナーさんに聞いたら、Dのパターンはこの頃できたものとのこと。
A・B・Cパターンについては、どれが一番多く選ばれるのかという問いに
ほぼ同じ割合ですとのこと。

Aは、親戚や両親の考えを汲んだり、親の顔を立てたい時に
選ばれる事が多いようです。

Bについては、この頃選ぶ人が増えてきた様です。
レストランウエディングなど、自分たちが披露宴のホストで
みんなに楽しんでもらいたいといった気持ちがある時や、
費用を自分たちで全て出してるので・・・という場合に選ばれるそうです。

で、CについてはAとBのどちらの要素も取り入れたいと言うような時に
選ばれるようです。

ということで、私たちは無難な感じのするCパターンにしました
宛名

一応お互いの親にも確認しましたら、連名で大丈夫との事だったし、
今回自分たちで結婚式費用は出す予定なので、
二人で話し合ってCパターンにしました。


そして次は、デザイン!!!
続きをどうぞ~~。
宜しかったら「ポチっとな♪」とお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ



これはプランナーさんに見せてもらったデザイン見本の中から選びます。
でも、とにかく種類が多い事!!
古典的なものからコジャレタものまで色々ありすぎで逆に迷います。

こう言うときに私たちが取る方法、

①何も言わずにペラペラと順に見ていき、
お互いに心の中でこれが良いと言うのを3つくらい選ぶ。

②で、お互い自分が良いなと思ったのを発表。

③発表したものの中でかぶったものに決定!!

と言う感じ。お互い選んだものを発表すると
「えぇ!それは無いでしょ~~。おかしいよ!!」って言うのを
いくつか選ぶんですがそれでもなぜだか大抵1つくらいはかぶります(笑)
なので今回もその方法で1つ選びました!!
それがこちら。
洋1
蝶ちょをあしらったデザイン、蝶ちょと線の色がレインボーになってます。
封筒の宛名も横に書きます。

洋3
そして文字も横書きで

洋2
蛇腹折りの招待状です。

少し気恥ずかしい気もしましたが、
なんともオシャレな感じなものを選んでみました。

ただ、そこで1つ。
彼氏サンも私も思った事なんですが、
会社の人に出すのにこれを使うのはちょっと違和感がありました。
親戚や友人には良いと思ったのですが、会社となると一番気を使いたいところ。
特に私達が働いていた会社はそう言うことをかなり気にしそうな
感じがするんです・・・。もっと古典的なものの方が良いんじゃないのかと
彼氏サンと相談。

で、プランナーさんに相談したら、
心配なら発注数量は最小で20部からできるので、
20部だけ古典的なものにして、その他はこの蝶ちょで
出してはどうですか?とのこと。

なるほど、それは良い手だ!!

という事で、20部だけ古典的な路線の招待状を選びました。
またまた先ほどの方法で決まったのがこちら。
   
和1
和紙のような素材のピンクの紙にお花のデザイン。
右下に「寿」の印マーク。
和2
三つ折りになってて、開くと縦書きの文章。
封筒の宛名も縦書きです。

すっごい古典的なものもあったのですがそれはイマイチだったので、
古典的なものの中でもちょっとオシャレ感があるものにしました。
一応プランナーさんに確認しても、これでも十分伝統的だしいいんじゃないかと
お墨付きをもらいました。

ということで、上記2点を注文してきました。
会社と別々に発注できたし、
彼氏サンとも良いものを選べたねと満足感でいっぱいです。
あぁ、良かった

ここで気が付くと打ち合わせ開始から約2時間経過。
二人ともサクサク決めてるつもりだったのに、びっくり!!
一回の打ち合わせは大体2時間って書いてあったので、
プランナーさんも次の予約の人が来た様で退席。

とそこに、別の担当者さんが登場。

長くなっちゃったので、次回に続きます~~。
この記事へのトラックバックURL
http://gingatie.blog103.fc2.com/tb.php/149-7d518cd8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
こんばんは
慎重に、一歩づつ前に進まれてる様子がよくわかります。
確かな足取りの結婚式へのアプローチ、感心していますよ。
ちょうど、昨日、こちらも友人(かなり年下)からの結婚式招待状が届きました。
国際結婚で新郎はイギリス人、彼女は堅実な友人だから、披露パーティーも会費制ですが、どんな形にせよ嬉しい出来事です。
8月ですが、それがちょうど私の誕生日なので夫婦で楽しんでこようと思っています。
これから暑くなりますから、体調に気をつけて夏風邪などひかないようにしてくださいね。影ながら見守らせてください。
Posted by hiroe at 2008.06.05 20:24 | 編集
わ~
大変ながらも楽しそうな作業ですね!
招待客のピックアップにも頭を悩ますことと思いますが、
その後もいろいろありますね~。
招待状のデザインもとてもステキです^^
二種類選べてよかったですね!
確かに新しいスタイルを受け入れがたい方もいらっしゃいますものね!^^
Posted by ミツルリのお母飯 at 2008.06.06 00:47 | 編集
ども!
個人的な話ですが私は蝶のモチーフが大好きで、一目見て「この招待状、なんて素敵なの~。」って思っちゃいました。しかもレインボーなんですか。凝ってて素敵ですね。
でも、一部だけ作る古典的な方も素敵です。和柄も好きなので。
どちらにせよ、受け取った方は喜ばれますね、間違いなく。

Posted by いろはの世話役 at 2008.06.07 23:01 | 編集
うちはBパターンだったかなぁ。
親親族もゲストとしてゆっくり楽しんでもらうパーティーにしたいって言う形で納得してもらいました(^O^)
招待状に引出物に料理のメニューに、相手の事を考えてパターンを分ける作業って大変でした~。
思い出すだけで疲れが(^^ゞ
ってそろそろ疲れも出てきて大変な頃でしょうし、天候も安定しませんから、体調だけには気をつけてくださいね。
何か段々と日にちが近づいてくると、こっちもドキドキしてきますね(^O^) ぽちっと!
Posted by BOBO at 2008.06.08 18:01 | 編集
またまたお返事遅くなりましてごめんなさい!!
さっそくお返事です。

>hiroe様
着実に焦りつつ、でも一つ一つ確実に頑張ってます。
色々やることは多くて悩む毎日ですが、一生に一回のこと。
悩むのも疲れるのも今だけと思って、楽しんでの気持ちを
大切にして進めてます。
感心してもらうなんて、私にはもったいないお言葉ですが
でも、嬉しいです。ありがとうございます。

>ミツルリのお母飯様
そうなんです。選ぶのは楽しい作業なんですが
でも、いろいろマナーとかを考えると頭が痛いですね。
幸いどちらも気に入ったデザインが見つかって良かったです。
これから発送作業が待ってるので頑張らないと!!

>いろはの世話役様
素敵と言ってもらえて嬉しいです。
なんかこの蝶ちょを見た瞬間に綺麗だなと目を引きつけ
られたんですよ。
みんな気に入ってくれると良いですけどね。
ドキドキしちゃいますね(笑)

>BOBO様
ポチありがとうございます。
BOBOさんのところはBパターンだったんですね。
確かに人によってパターンかえるのってすごく難しいです。
その人だけを考えるってよりも周りとのバランスとか
そういうのも考えちゃうともう頭の中はパニックです(笑)
これからも色々更新していくので一緒にドキドキ
していただければ(笑)幸いです。

Posted by ginga at 2008.06.10 14:58 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。